2008/12/08(Mon)VAIO TZにXP+Ubuntuを構築する方法(2)

2008/12/08 0:27 Hardware::VAIO
前回に引き続き、今度はベースアプリケーションを導入していきます。

ベースアプリケーション

これに関しては、入れる順番を間違えると上手く動かないことがあります。
またバージョンによってはVista専用だったりして、インストールすらはねられるものや、インストールしてもその機械のデバイスに適合しないものがあります。(例:Wireless Switch Settings Utilityなど)
なので、色々な機種のドライバを流用して検証しています。ご利用は各自の責任で。
1.Sony Shared Library

TZリカバリディスクから。
\VAIO\Application\Sony Shared Library\setup.exeを実行。

[Version.txt]

3.0.00.10180
2.Sony Utilities DLL

TZリカバリディスクから。
\VAIO\Application\Sony Utilities DLL\setup.exeを実行。

[Version.txt]

7.1.00.15150
3.Setting Utility Series

TZリカバリディスクから。
\VAIO\Application\Setting Utility Series\setup.exeを実行。

[Version.txt]

2.1.00.15270
4.Battery Checker

vaiolinkからTZ用のダウングレードドライバを取得。

\5_BATTERY_CHECKER\setup.exeを実行。

[Version.txt]

1.0.02.01240
5.Battery Care Function

vaiolinkからTZ用のダウングレードドライバを取得。

\6_BATTERY_CARE_FUNCTION\1\dotnetfx.exeの.NET Framework 2.0をインストール。
次に、6_BATTERY_CARE_FUNCTION\2\setup.exeをインストール。

[Version.txt]

1.0.02.08150
6.VAIO Event Service

vaiolinkからTZ用のダウングレードドライバを取得。

\10_VAIO_EVENT_SERVICE\setup.exeを実行。

[Version.txt]

2.7.00.08140
7.VAIO Power Management

vaiolinkからTZ用のダウングレードドライバを取得。

\8_VAIO_POWER_MANAGEMENT\setup.exeを実行。

[Version.txt]

1.9.06.08210
8.VAIO Control Center

TZリカバリディスクから。
\VAIO\Application\VAIO Control Center\setup.exeを実行。

[Version.txt]

2.0.00.11060
9.VAIO HDD Protection

TZリカバリディスクから。
\VAIO\Application\VAIO HDD Protection\setup.exeを実行。

[Version.txt]

2.1.00.15140
10.VAIO Hardware Diagnostics

これは、手持ちのTX92Sのリカバリからインストール。
リビジョンが一個新しいが、vaiolinkのこれでもうまく行くかも。(未確認)


[ESD.ini]

id=SP-009167-08
11.Hotfix for Wireless Switch Settings Utility

最新のWireless Switch Settings Utilityを動かすためには、以下のHotfixがいるとかで…。

WindowsXP-KB918997-v6-x86-JPN.exeをMSからダウンロードしてインストール。
12.Wireless Switch Setting Utility

これがちょっと厄介。
TZのリカバリディスクにありますが、パックされていて拡張子がpacになっています。
kcap.exeをダウンロードしてきて、解凍します。

解凍するファイルは、\APR3\SP-014171-02.pacです。
その中のsetup.exeをインストール。

[Version.txt]

3.6.00.14270

色々探した情報によると、v3.5やv4.0ではBluetoothオンリーの認識だったり、5G帯の無線を認識しなかったりするそうです。
これが一番バージョンにシビアかも。

なお、これを常駐起動させていると、コンピュータのロックから復帰時に無線接続が切れますので、常駐させないことをおすすめ。
13.FeliCa Applications

これはお好みで。

Edy Viewer v2.1.2.0


SF Card Viewer v2.2.2.0

こちらには.NET Framework 2.0が必要ですが、先ほどインストールされていれば大丈夫。
14.VAIO Data Restore Tool

TZリカバリディスクから。
多分使う機会は無いと思いますがね…。
\VAIO\Application\VAIO Data Restore Tool\setup.exeを実行。

[ESD.ini]

id=EP0000126392
15.VAIO Manual

TZリカバリディスクから。
\VAIO\Application\VAIO Manual\setup.exeを実行。
ちなみにこれはビューワだけなので、次のデータベースもインストールしないと役に立ちません。

[ESD.ini]

id=EP0000130259
16.電子マニュアルDB

TZのリカバリディスクのpacからインストールします。

kcap.exeを使って、\APR3\SP-013126-03.pacを開け、その中のsetup.exeをインストール。

[Version.txt]

3.0.00.11020
17.かざしてログオン

使わない人は全く要らない機能なので、要る人だけ。

TXのリカバリディスクのpacからインストールします。

kcap.exeを使って、\APR\SP-010481-01.pacを開け、その中のsetup.exeをインストール。

TZ用のリカバリディスクにも収録されていますが、Version2でVista専用と思われます。インストールしても動作しません。
TXのリカバリディスクのファイル名対応表は、こちらを参考にさせていただきました。ありがとうございます。
vaiolinkも探せばあるかも知れませんが……。

[Version.txt]

1.0.00.10140
こんな感じで導入しておけば、FnキーやSボタンなどが不自由なく使えるようになります。
VAIOランチャーとかお節介アプリは要らないけど、せめてハードウェア制御はマトモにできてほしいですからね……。

長くなりましたので、Linuxインストール編はに回します。

他の参考元

情報ありがとうございます。
日記のようなもの::結局買ってしまったのね・・VAIO VGN-TX93NS そしてXPに入れ替え
http://www.sugo.ne.jp/~aska/scripts/blog/index.php?e=73

VAIO TZのXP化 完全版 その5 アプリケーションのインストール:モロのメモ帳:So-net blog
http://moromemo.blog.so-net.ne.jp/2008-02-24
OK キャンセル 確認 その他