2008/09/14(Sun)screenでデタッチできない 解決編

2008/09/14 21:21 Software::Linux
screenでデタッチできないというのを書いたが、解決法発見。
デタッチできないというよりも、むしろアタッチできないという方が正しい表現だったようだ。

これはscreenの問題ではなく、回線が切れたときにsshセッションが切れず、sshdプロセスが生きたままで、その応答待ちでscreenがattachedから変化しない模様。

以下、対処法。
$ ps x | grep pts | grep sshd
13819 ?        S      0:00 sshd: kero@pts/2
13985 ?        S      0:00 sshd: kero@pts/8
14595 pts/2    S+     0:00 grep sshd

grepが走っているpts/2が現在操作中のポートなので、pts/8を落とす。

$ kill -KILL 13985

$ screen -ls
There is a screen on:
        9120.pts-0.spinel       (Multi, detached)
1 Socket in /var/run/screen/S-kero.

$ screen -r
これで自動的にdetatchされ(autodetatchがonの場合)再アタッチ可能になる。


が、いちいちこんな事やるのが面倒なので、自分以外のsshセッションを片っ端から強制終了するスクリプトを書いてみた。
最近Perlの正規表現にハマってたりなので…。/bin/sh+sedかawk…と思いつつも、慣れてる方が書きやすい。
だいたい検証したけど、killのとこだけは検証してない…。たぶん大丈夫。ちゃんと動きました。
screenの内側から実行しないように注意。
#!/usr/bin/perl
use strict;

(my $tty = `echo -n \$SSH_TTY`) =~ s/\/dev\///;
my $dead = `ps x | grep pts | grep sshd | grep -v $tty | grep -v grep`;
foreach(split(/\n/, $dead)){
    $_ =~ s/^\s*(\d+).+$/$1/;
    print qq|Kill pid=$_...\n|;
    `kill -KILL $_`;
}

参考元:http://subtech.g.hatena.ne.jp/cho45/20070517/1179373075
OK キャンセル 確認 その他