2008/06/07(Sat)UltraVNC SC

2008/06/08 0:13 Software::Windows

UltraVNC SCとは

UltraVNCの派生的存在のUltraVNC SCというのがあります。
UltraVNCは他のVNCソフトウェア同様、遠隔操作のためのツールの一つであるが、このSCというのはSingle Clickの略で、遠隔操作を使用したサポートにもってこいのツールですね。

UltraVNC SCのすすめ

離れた場所にあるPCをサポートしたことのある人なら誰もが経験していると思いますが、まず「サポートしづらい」でしょう。
離れた場所にあるPCをモニタリングなどできないから、
  • 電話・メール越しに状態を聞いてアドバイスするとか
  • メッセンジャーでお話しながら聞くとか
一種のエスパー的推測をしながら対処していることだろうと思います。

UltraVNCSCを使うと、相手にファイルをひとつ送って開いてもらい、1クリックしてもらうだけで、こちらにVNC同様、画面がリアルタイムに送られてくる。もちろん操作もできます。
UltraVNC付属機能の、ファイル転送なんかもできる。
相手がファイアーウォールの圏内にいても、問題なし。
唯一の弱点といえば、相手がWindowsに限定されること、支援する側のポートが開いていないといけないくらいでしょうか。

構築方法

幸い便利な生成ソフトが作られているので、これを使うとよい。
画面レイアウトをカスタマイズしてEXEを作るだけ。
後は、USBメモリで渡すなり、メッセンジャーで渡すなり、無料HPのサーバーに置いておくなり好きにすればよい。

一方、支援する側にも設定が必要です。
もっとも、支援する側なんだから、これくらい事はわかってくれると思って書きますが。
  1. TCPポートをひとつ開けます。ルーターを使っている場合は、NAT設定で、支援するPCに転送するように設定しておきましょう。
  2. ファイアーウォールで、そのポートが使えるように開放しておきます。
  3. UltraVNCのvncviewer.exeをListenモードで起動します。具体的には、vncviewer.exe -listen <port-number>
これだけです。

ファイアーウォールを越える仕掛け

↑で支援する側にvncviewer.exeをListenモードで立ち上げるのがミソです。
ビューワ側にサーバー的役割(Listen)をさせることで、支援される側のファイアウォールを内側から開けることができ、その開いたポートを使って、UltraVNCSCから画面情報をこちらに流してVNCするわけです。
考えた人は偉いですね。

レスポンスが悪い場合

UltraVNCSCで作ったsc.exeは、一応2000やXP、Vistaなどで使うことができるようですが、Vistaの場合、極端にレスポンスが低下することがあります。
これを解決するには、UltraVNC本体に含まれているVideo Hook Driverを組み込んでやるとよい模様。
UltraVNC 1.0.4RC14 日本語版 Release 1等に含まれている、Ultravnc_driver_Setup.exeを、支援する人のPCでインストールしてもらえば、サクサク動くようになります。


有料の遠隔支援ツールを使わなくても、こんなに素晴らしいツールがありますよ。。。
OK キャンセル 確認 その他