2009/09/23(Wed)Windows Live Messenger 8.1.0178 延命パッチ

2009/09/23 6:49 Software::Windows
Windows Live Messenger 8.1.0178でサインインできないで書いた問題、とりあえずは互換性の変更で対処していたが、ファイルのバージョンを書き換えると良いよ!というコメントを頂きましたので、早速パッチを作ってみました。

パッチ

▼Windows Live Messenger 8.1.0178 延命パッチ
WLM8.1.0178_patch.exe (205KB)
(規制対象の中途半端なバージョンに書き換えていたので差し替えました。)

WLM8.1.0178_patch2.exe (205KB)

パッチ内容
Windows Live Messenger 8.1.0178のmsnmsngr.exeに対して、ファイルバージョンを8.1.0178から、現在時点の最新版のWindows Live Messenger 2009である14.0.8089.726に書き換えます。
ただ表面上書き換えるだけなので、機能は8.1.0178と全く変わりません。
ちなみにパッチ箇所のdiffはこちら
かなり大量なので、手動だと大変だと思います。*1


上のパッチはオリジナルに対してのみ有効なパッチですが、上記を適用した後さらに、転送制限やシェイク・IE限定制限の解除を行った場合でも動作することを確認しています。
それに関しては、こちらを参考に。

なお、Live Messenger Plusを導入されている方は、上記パッチを適用すると、Plusメニューが消えてしまうようです。
そう言う場合には引き続き互換性設定を行う方が良いでしょう。

*1 : バージョン情報の書き換え自体はResource Hackerでやったので、必要ないところも書き換えてると思われます。

追記: 今更ながらニュース 16:39

[メッセンジャー] 最新版をご利用ください - Windows Live
Windows Live Messengerの強制アップデート計画発表 -INTERNET Watch
Microsoft、Windows Live Messengerの強制アップグレードを実施 - ITmedia News

これによると脆弱性のための強制締め出しというわけですね。
> バージョン14.0についても、バージョン番号が「14.0.8089」以下のユーザーに対してアップデート推奨メッセージが表示される
ということは、それ以上のバージョン番号にしておかなきゃまずかったかなあ…と今更思ってみたり。
→ 今パッチを差し替えました。(9/23 16:53)

しかし、オフィシャルブログのコメント欄では不具合の嵐ので、イマイチ乗り移りたくないな。
攻撃される危険性といっても、Microsoft Security Advisory (973882): Vulnerabilities in Microsoft Active Template Library (ATL) Could Allow Remote Code Executionを見る限り、以前のようにプロトコルを変更するような緊急を要するようには見えないしなあ。

うーん… 16:57

色々やってたら互換性設定を行わないまま、v8.1.0178でログイン出来てしまった。
レジストリに何か書いているのだろうか?ちょっと様子見。

英語版 2009/10/01

コメントで英語版が欲しいとのことで、急遽作りました。
一応動作確認済みです。

WLM8.1.0178en_patch.exe (202KB)
OK キャンセル 確認 その他