2008/05/07(Wed)WindowsXP SP3インストールでBSOD

2008/05/07 19:36 Software::Windows
昨日Windows XPの新しいService Packが3年ぶりに公開されたらしい。
重要度が高い更新ということで、多くの人がパッチを当てているようなのだが、マシンによってはBSODが発生するトラブルに見舞われてしまうらしい。

▼BSODエラー
STOP: C0000139 Unknown Hard Error
Unknown Hard Error
これを修復してみた。

修復手順

ここに紹介されているのだが、一部パスが間違っているのでその修正も兼ねて紹介しなおし。というか、半分以上メモだけど。
  1. WindowsXPのセットアップCD(リカバリCDではない)をドライブに入れ、BIOSのBoot MenuでCDブート。
  2. Press any key to boot...で何かキーを押す。
  3. SATAカードなどを利用している場合は、即座にF6を連打してフロッピーでドライバを噛ませる。
  4. セットアップにようこそが表示されたら、Rキー、半角/全角キー、Y、と答えて回復コンソールへ。
  5. 既定のキーボード以外を使用するには…がタイムアウトするのを待って、"1) C:\Windows"を選択。
  6. Administratorのパスワードを入力。3回間違えると再起動されるので注意。
  7. cd \windows\$NtServicePackUninstall$\Spuninstlと入力してEnter
  8. dir spuninst.txtとしてtxtファイルがあることを確認後、batch spuninst.txtと入力して実行。
  9. ファイルが見つからない、アクセスが拒否された、1つのファイルをコピーしただのメッセージがダラダラ流れるが、落ち着いて数分待つ。
  10. シェルに復帰したら、exitを打って再起動。
これで、とりあえずWindowsが起動します。
が、システムのプロパティを見ると、Service Pack 2ではなく、Service Pack 3 v.3093という中途半端な表示。これ、どこまでService Pack 3が適応されているのか疑わしいところですが。

この状態でさらにSP3を入れたりしたらどうなるのか、はたまた再度SP3を入れるように要求してくるのかは、現状では不明です。

ちなみにSP3はここからDLできます。
OK キャンセル 確認 その他