2008/11/23(Sun)スリープ復帰時、画面解像度が変更される

2008/11/23 13:52 Software::Windows
Vistaでスリープから復帰時、解像度が変更されてしまうことがある。

The resolution is changed when you open the lid of a Windows Vista-based portable computer to resume from sleep mode
こちらが翻訳版ですが、英語より余計分からないかと…)

私のPC周りの電源環境は
  • 本体やEthernet Hub、充電器などは常時供給のコンセント
  • モニタやスピーカーは一括スイッチ付きタップに接続
という構成のため、使用していない間はモニタとスピーカーの電源が切れている。
そのため、WOLでマシンを起動したときはモニタが未接続の状態となり、どうやら(一時的な?)解像度変更が行われるらしい。
マルチモニタの接続は解除され、ついでに解像度がVGAになってしまう。
Windows XP x86やx64の頃は、そんなことはなかったのだが、どうしてこういう仕様になったのかなあ?
幸いデスクトップの配置までは崩れないのが幸いであるが…。
とにもかくにも面倒なので、KBに従って次のような操作をした。
KBの説明は(途中に検索操作が入っていたりと)やや不親切なので、以下のようにした方が確実かと。
  1. [マイコンピュータ]を右クリックして[管理]を選ぶ。
  2. UACの昇格を承諾
  3. 以下のように[システム ツール]→[タスク スケジューラ]→[タスク スケジューラ ライブラリ]→[Microsoft]→[Windows]→[MobilePC]とツリーを辿り、TMMを無効にする。
disable_tmm.png

追記: Windows 7では… 2011/12/16

Windows 7はこの方法ではうまくいきません。
また、自動検出をdisableにしたりoverrideする方法もなさそうです。
参考1,参考2
OK キャンセル 確認 その他