2008/09/12(Fri)LoadAverageが50!?

2008/09/12 19:06 Software::Linux
この間、調子乗ってsftp3本張ってガンガン転送させながらPerlいじってたら、どんどんノロくなって、あれ?おかしいな、と思ったら、サーバーHDDのLEDが点灯
あ、こりゃまずいと思った時には、SSHの操作を受け付けるのが非常に困難に。

しばらく待ってたら、だんだん落ち着いて、topコマンドが入るようになったので、見てたけど、なにやら起動したPerlアプリのメモリが70%食ってるとかありえない表示になってたり。おかしいなぁ、そんなに酷い処理は書いてないんだけど…。

とりあえずkillallで該当Perlにkillをかけてから、sftpが収まるのを待ってようやくスムーズに。
後でサーバーの保守ログから作成したグラフを見て驚いたwこれはすげぇ…、Load Average 50いってたんだ。しかもswapの減り方が……。あぁかわいそう。
そんなに忙しいにもかかわらず頑張ってグラフ描いてくれたんだね、偉い偉い。*1

080904-load-hour.png

080904-swap-hour.png


まあ再起動することなく、おさまってくれてよかったです。
ちなみにおかしな挙動をしたPerlモジュールは変更せずにもう一回実行しても、↑のようなハングは起きませんでした。sftpのせい??

# 余談ですが、Linuxのsftpコマンドだけでレジューム転送ってどうやるんだろう?man調べたけどよく分からなかった。

*1 : まぁ白く抜けてる所は、さすがに処理してる暇がなかったんでしょう…。

OK キャンセル 確認 その他