2008/07/17(Thu)Vistaでの証明書インポート時の注意

2008/07/17 13:47 Software::Windows
オレオレ証明書など、IEを立ち上げるたびに証明書の警告がうっとうしい場合は、信頼する証明書としてインポートしてしまえば良いのだが、Vista-IE7からはインポート手順がややこしくなっているので注意が必要である。

対象のサイトを開くと「このWebサイトのセキュリティ証明書には問題があります。」という警告が表示される状態から説明を始める。
  • 一旦全てのIEを終了し、IEを「管理者として実行...」する
cert_install_01.png

cert_install_02.png

  • 対象サイトを開くと、再び「このWebサイトのセキュリティ証明書には問題があります。」と文句を言われるが「このサイトの閲覧を続行する」を選ぶ
cert_install_03.png

  • アドレスバーがピンク赤色になっているので、「証明書のエラー」という部分をクリックし、「証明書の表示」を選ぶ
cert_install_04.png

  • 「証明書のインストール」をクリックする(管理者としてIEを実行しないとこのボタンが表示されない)
cert_install_05.png

  • 「証明書をすべて次のストアに配置する」を選び、「信頼されたルート証明機関」に切り替える*1
cert_install_06.png

cert_install_07.png

cert_install_08.png

  • 「次へ」「完了」をクリックする
cert_install_09.png

cert_install_10.png

  • 拇印(sha1)を確認後「はい」をクリックすると「正しくインポートされました。」が表示されるのを確認する
cert_install_11.png

cert_install_12.png

  • 管理権限のIEを終了し、一般権限で立ち上げ直す。
  • 対象サイトを開いた時、「このWebサイトのセキュリティ証明書には問題があります。」が表示されないこと、アドレスバーが赤色にならないことを確認する
cert_install_13.png

cert_install_14.png


なお、この方法では管理者権限が必要になるが、一旦証明書をファイルに落とせば不要?(未確認)
手順としては、一般権限で立ち上げているIEから「証明書の表示」をしたとき、「インストール」(表示されていない)ボタンの代わりに「ファイルへコピー」をクリックし、デフォルトの形式で.cerファイルに書き出し、それをダブルクリックしてインストールする。
この時もストア先を「信頼されたルート証明機関」に変更することをお忘れなく。

*1 : Vistaからはセキュリティ上の観点か、デフォルトがここにならなくなったようです。

OK キャンセル 確認 その他