2008/06/22(Sun)screen暴走?

2008/06/22 3:23 Software::Linux
ずっと動きっぱなしでこれからの夏の温度上昇が心配なうちのサーバーですが(このmo.kerosoft.comの運営も担ってます)、3週間ほど前からswap領域が肥大してるのが気になっていました。(実メモリ領域は普段通り適度にcached状態)

実メモリ512MBってのは自分の使い方だと厳しいのかなぁ…と思ってましたが、rootさんになって色々探ってみると、どうやらscreenが500MB以上swappingしているようだ。
screenの便利さに慣れてから、一ヶ月以上も立ちあげっぱなしで、使うたびにdetach/attachしまくっているのは、作った人間としては想定している使い方のはずだけどなぁ…。

# swapoff -aで実メモリが確保できないほどに膨らむってのはいかがなものか…。

vimの中断状態や、ほかのサーバーにログインしていたウィンドウを次々閉じて、screenを起動しなおしてみると、一気に解放された模様……。なんだったんだ??

screen_memswap.png



この後、一応# swapoff -a# swapon -aをして、swapを空に片づけておきました。
やれやれ。

余談

どのプロセスがスワップしまくっているかを調べるのは、psコマンドにcをつけると便利です。
$ ps axuc | lvとでもして、VSZ列を眺めてみてください。(単位KB)
OK キャンセル 確認 その他