2011/06/18(Sat)Planex MZK-WNH 設定メモ

2011/06/18 22:22 Hardware::NetworkSwitch
先日Planexの無線LANルータMZK-WNHを頂いたのだが、ちょっと設定でトラブったのでメモ。

前提環境

既に有線ルータがあるので、MZK-WNHは無線ブリッジAPとして使用する。
WPA2-PSKのステルスのみで、非暗号化SSIDやWPSは全て使用しない。

ファームウェア

価格.comのクチコミなどにも出ているが、ファームウェアを上げてしまうと、動作がめちゃくちゃ不安定になるよう…
最初これに気づかず、1.12(だったと思う)から一気に1.31にバージョンアップした途端、クライアントが繋ぐとリブートするMZK-WNHに向けてpingを打っていると頻繁にRTTが大きくなったりタイムアウトするなど、正常に機能しなくなった。

元に戻す方法は、一旦、裏の物理スイッチをルーターモードにしてから*1、IEでファームウェア更新画面から、1.28にするとよい。*2
ダウンロードはMZK-WNH ファームウェアから。

一度1.31にしてしまうと、MZK-WNH配下でDHCPでアドレスが取得できないかもしれないので、上位側ルータでDHCPを配れば良い。この時、MZK-WNHに接続するLANケーブルは必ずInternetポートに接続し、上位ルータ配下のハブに設定用PCを繋げる。

*1 : APモードだと動作が不安定すぎてどうにも出来なかった

*2 : 1.29でもOKだという噂も…

設定について

1.31ファームでAPモードで動作が不安定だったこともあり、自分の場合はルータモードで全て設定をし終えてからAPモードに切り換えた。*3

APモードとして安定動作している設定をメモ。(自分用?

一般設定

□システム
 >システムタイムゾーン
  ・システムタイムゾーン:GMT+09:00
  ・タイムサーバアドレス:133.243.238.243       # ntp.nict.jpのもの
  ・夏時間設定:無効
 >パスワード管理
  ・お好みで
 >リモート管理
  ・無効
□LAN
 ・LAN IP
  ・IPアドレス:192.168.xxx.xxx
  ・サブネットマスク:255.255.255.0
  ・DHCPサーバ:無効
  ・デフォルトゲートウェイ:192.168.xxx.1
 ・DHCPサーバ
  設定項目グレーアウト
 ・固定DHCPリーステーブル
  なし
 ・固定DHCPリースを有効:無効
□無線LAN設定
 ・無線機能:有効
 >基本設定
  ・モード:アクセスポイント
  ・帯域:2.4GHz (B+G+N)
  ・SSID:お好みで
  ・チャンネル数:自動
  >マルチSSID
   ・"有効チェックボックス"を全て外す
 >詳細設定
  ・フラグメントしきい値:2346
  ・RTSスレッショルド値:2347
  ・ビーコン間隔:100
  ・DTIMピリオド値:3
  ・データレート:Auto
  ・Nデータレート:Auto
  ・チャンネル幅:Auto 20/40 MHZ
  ・プリアンブル:ショートプリアンブル
  ・ブロードキャストESSID:無効
  ・CTSプロテクト:なし
  ・送信パワー:100%
  ・WMM:有効
 >セキュリティ設定
  ・SSID選択:上で設定したもの
  ・暗号化:WPAプレシェアードキー
  ・WPAユニキャスト暗号スイート:WPA2(AES)
  ・共有キーフォーマット:パスフレーズ
  ・プレシェアードキー:お好きなもの
 >アクセスコントロール
  ・MACアドレスを入力して「追加」
  ・アクセスコントロールを有効にする:有効
 >WPS
  ・WPSを有効にする:無効
  ・WPS Proxyを有効にする:無効

*3 : ただし、MZK-WNH配下にPCを接続して設定したのではなく、WAN側にDHCP振ったアドレス側から

バグ?

プラネックス ネットワーク・マネージャを使うと、設定を解除したはずのマルチSSID項目planexuser2が出てくる。実際にはこのSSIDでは接続出来ないようだが、なんだかなあ。
しかも、TESTのパスワードは初期パスワードとは違う物を設定しているのにな…

planex-devinfo.png

planex-netmgr.png

OK キャンセル 確認 その他