2010/04/27(Tue)システムとデータを格納するHDDが異なる場合のデータHDD交換テクニック

2010/04/27 2:30 Software::Windows
システムに関連付いている*1Windowsのデータドライブを安全に別個体へ交換する方法をまとめた。

*1 : そのシステムが起動すると、対象HDD内のパーティション内へ書き換えを行うという意味で

あらまし

実際の手順とは関係ないので読み飛ばしてもらっても結構。

Windowsの話だが、私は一昔前はシステム/ユーザデータを1パーティションで管理していた。
何故かというと、マルチOSで色々切り替える際、2パーティション以上にしてると、ドライブレターが混乱するからである。
こうすると、複数のOS間で共有せず各OSごとにデータフォルダが存在するわけだが、Cドライブだけは常に同じドライブレターなので、常に同じドライブを参照すれば良いというメリットと、このシステムのマイドキュメントが最新で、あっちのサブOSのマイドキュメントはバックアップ」というように、中に入っているOSとデータの新旧が対応付いていた。

が、一昔前のOS入れ替え時にfixmbrに失敗し、PBRを吹っ飛ばされて以来、OSに関わる変更をするときは、データ ドライブを物理的に外しておけるよう、システム ドライブと、データ ドライブを完全に分離する方針に変更したという経緯があるわけだ。

HDDの交換

もし1台のHDDのパーティションを複数に分割して、システム パーティションとデータ パーティションにしている場合*2は、HDDの交換時にはドライブ全体を丸ごとコピーすればよいのだが、このようにシステム ドライブとデータ ドライブが物理的に別の構成にしている場合、スタートアップ等で読み込まれるアプリケーション自体やそれが生成するログ更新のために、ドライブレターをきちんと正しくした状態で、物理的なディスクを入れ替える必要がある。
これはどういうことかというと、単純にWドライブを新しいHDDにコピーして、差し替えてブートしただけでは、予期しないDドライブあたりにマウントされてしまって、スタートアップでクラッシュする可能性があるということである。

つまり、HDDの物理的な交換と、OSが覚えている物理HDDと(論理的な)ドライブレターの対応付けの変更同時にする必要があるわけだ。
分かってしまえば何と言うことはないのだが、知らずにやるとハマるだろうと思って、このメモを残しておく。

*2 : これはこれで、システムの構成変更を致命的にミスった時、データを道連れにするので、ノートPCなど物理的に限られてそうせざるを得ないとき以外はおすすめしない

方法

  1. 新しいHDDを繋ぐ前に現在のシステムで、自分が使っているユーザ以外にAdministratorsグループに属する管理者ユーザを作成または、有効化する。(ログオン出来ることを確かめておく)
  2. システムをシャットダウンし、新しいHDDを接続する。(古いHDDはまだ外さない)
  3. システム ディスクのOSを用いずにAcronis Disk Director Suiteでブートまたは、Live Linuxなどでブートしてddコマンド等の方法をつかい、パーティションをまるごとコピーする。*3
  4. コピー環境をシャットダウンし、古いHDDを取り外す。
  5. システム ディスクのOSで起動するが、F8を連打して必ずセーフモードに入る。*4
  6. 先ほど作成したAdministrator権限を持つユーザでログオンする。*5
  7. [マイコンピュータ]を右クリックして[管理]を選び、[ディスクの管理]を開き、新しいHDDのドライブレターを古いHDDと同様にする。
  8. 再起動する。
このようにすれば、システム ディスクとデータ ディスク間の結びつきを壊すことなく、HDDの入れ替えができる。
なお、システムディスク側を入れ替える場合は、常にCドライブとなっているので、あまり気にせずAcronis Disk Director Suiteやddでコピーしてしまって構わない。
(ddでコピーする場合は、ブートセクタのコピーをお忘れ無く。)

*3 : LinuxでのNTFS書き込みは非公式ドライバのため、余りお奨めしない。やるならddで丸ごとコピーがよいが、Acronis等の製品を使う場合と異なり、同一サイズへのコピーしかできない。新しいHDDが古いHDDより大きいサイズなら、とりあえずパーティションサイズ分をコピーし、後でGpartedなどでNTFS領域拡張すればよい。

*4 : スタートアップを極力起動しないため。基本的にはWindowsに必須なドライバやアプリケーション類しか起動しないため、セーフモードにおいてデータ ドライブの書き換えが起こる可能性は低い

*5 : 普段のユーザ名でログオンすると、低解像度のセーフモードによってデスクトップの配置が崩れるため。デスクトップに一切物を置いていない人や崩れてもいい人なら、このステップは飛ばしても良い。

OK キャンセル 確認 その他