2009/11/16(Mon)Windows7のウィンドウ整列機能をオフにする

2009/11/16 11:42 Software::Windows
Windows7の新機能の一つに、ウィンドウの自動整列機能がある。

というのが、昨今、ワイドディスプレイ化が進んだことなどにより、左右に半分ずつブラウザを並べたり、ブラウザとWordを並べたりといったような使い方をしやすいよう、ウィンドウを左端もしくは右端に持って行くと、横幅が画面の半分で自動整列されるようにしたのだろう。

が、私個人としてはノートPCは別として、基本的にデュアルディスプレイで生活しているので、ブラウザなんぞは2ndディスプレイに最大化するのが常であるし、ノートPCだとFn+矢印キーでPageDw/UpやHome/Endを操作するときに誤爆してWin+矢印キーを操作し、先の自動整列が起こってしまうのが面倒に感じていた。

というわけで、この自動整列機能及びショートカットキーの切り方。

方法

新機能を付けたときそれを使いたくないユーザのために、簡単にオフにできるようになっているのは助かると思った。

というわけで、操作は簡単。
  1. コントロールパネルを開き、コンピュータの簡単操作の横のボタンを押す。
    win7winadj1.png
  2. マウス動作の変更を選ぶ。
    win7winadj2.png
  3. ウィンドウが画面の端に移動されたとき自動的に整列されないようにしますにチェックを入れる。
    win7winadj3.png
たったこれだけです。
OK キャンセル 確認 その他