2009/03/15(Sun)ディスクのクリーンアップを高速化

2009/03/15 21:30 Software::Windows
ドライブのプロパティの中に、ディスクのクリーンアップというボタンがあるのは割と知られていると思う。
その名の通り、テンポラリファイルをまとめてごそっと消してくれる便利ツールなのだが、その中に含まれる古いファイルの圧縮というもののファイルサイズ計算がべらぼうに遅い。

どーせクリーンアップで圧縮なんかしても、余計展開に時間がかかるだけなので、いっそのこと項目から外してクリーンアップを早く開始できるようにするためのTips。
遅いPCや大容量のHDDを搭載しているマシンで効果があるでしょうな。

実践

レジストリを削除するだけでOKです。

32bit版のWindowsをお使いの方(通常)
diskcleanup_x86.reg
64bit版のWindowsをお使いの方
diskcleanup_x64.reg
ポイントは、x64の場合はWOW6432Nodeの方も消してやらないと、32bitアプリケーションからディスクのクリーンアップを呼んだときに、古い項目の圧縮の計算が実行されちゃう事くらいかな。
まぁ、自分がx64使ってたからハマったんだけど。

復活方法

ちなみにデフォルトに戻す場合には、以下のエントリを復活。
Windows Registry Editor Version 5.00

[HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Explorer\VolumeCaches\Compress old files]
@="{B50F5260-0C21-11D2-AB56-00A0C9082678}"
"Priority"=dword:0000012c
"StateFlags"=dword:00000000

x64版の方は以下のエントリも。
Windows Registry Editor Version 5.00

[HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Wow6432Node\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Explorer\VolumeCaches\Compress old files]
@="{B50F5260-0C21-11D2-AB56-00A0C9082678}"
"Priority"=dword:0000012c
"StateFlags"=dword:00000000

OK キャンセル 確認 その他